スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なぜ美少女系作品は同じ絵柄が多いのか?

養老猛が凄く面白い事を言ってました
美人の顔についてです

美人とは凡庸な顔ではない事なんですが・・・
ご存知の通り科学的な解釈でいうと、万人の顔のパーツの平均した値が
美人の顔であるといわれています。
つまり、個性がない、秀でていないことが美人であると!
その矛盾を養老猛はキレながらおっしゃってました
これは最早、個性がない事が個性だ!
何ていう陳腐な言葉遊びのレベルではありません!

つまり顔に対する美意識が存在せずに存在すると・・?
・・うん! わけわかんないけど、
マンガの世界でもその傾向はあるように思います!
美少女アニメや美少女マンガはどれも似たり寄ったりな絵柄が多くあります

つまりあの絵柄がマンガの美少女における平均した顔なんです!
アレらの絵柄に個性や作家性を求めるとたちまち美人ではなくなるのです
もし美少女系の作品がどれもこれも個性的な絵柄だったら
それは美少女ではなくなってしまいます!
ですから、美少女系の作品には似たり寄ったりの絵柄に
なってしまうのは当然のことなのです!

ですがあの絵柄をマンガ全般の絵柄からみると
とても平均的とは思いませんがね・・
う~む 謎だ?

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yoshimilk.blog69.fc2.com/tb.php/95-3a43336c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。