スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


美かさもなくば死を!!

『美かさもなくば死を』

週刊誌の広告でこんなタイトルのエッセー書籍が発売されるとか・・・

すごいタイトルですね。
ブスには目を背けたくなるようなこの響き。
内容は知りません・・・読みたくもありませんが。

タイトルが凄いと思ったので・・・
なんとなくピックアップしてみました。


巷で言う、見た目社会というものですか・・
メディアで頻繁に取り上げるスポーツ選手なんか顕著ですよね
実力よりも顔だったりなあの感じ

ルックスのいい人にはすばらしい価値がある。美しい人は得をする
っていうものに
僕は実のところ、残念ながら賛同してしまいます。

ブスな人には、この風潮を絶対に認めたくないものですよね。
僕もそうですもの。
 
余談だけど、僕が思うに才能という言葉が唯一指すものは、
生まれ持った美しいルックスだけでだと。


ブスな子が頑張って身に付けた話術で席を盛り上げたとしても
結局、最後はみんな可愛い子に
男の子を全部持っていかれるという事実。
これは凄く惨めな話です


こういうものを思春期以降から妙に肌で感じてきていました

『クールな女の子』のブーちゃんなんかも
随分と、こういう経験をしているかと思います。
彼女自身、恋愛や性的パートナーの獲得を
あきらめようとしてるかもしれませんね。
そういう風にブーちゃんを描いてたような・・・

体育の時間では、『団結』を本テーマに。
裏テーマとして『身体コンプレックスの承認』を。

そう、身体コンプレックス、まさにこれだと!!

この過剰で肥大化する美意識の世間で
セクシュアリティをテーマとした
マンガがどのように料理できるかなぁ~と、

まずは、見た目至上主義を認めた上で
僕は世界一の美しい愛されるブスを描きたいですね。


これもまた余談ですけど
体育の時間で、
後藤さんや、藤山さんや、カヨちゃんや、ぶーちゃん達が
服部さんの美貌に対する、渇望と嫉妬の視線には妙にリアリティが
宿っているなぁ~って描いてて思いました。
20071207015855.jpg

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

すごいです!
かわいいです!

【2007/12/13 21:08】URL | #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yoshimilk.blog69.fc2.com/tb.php/436-2ebaa0ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。