スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


わぁ、メールありがとう!

まず最初に、
感想のメールをたくさんもらいました。
まだ本編終わってないのに・・
本当にありがとうございます。
とにかくうれしいです。
顔文字はすばらしい記号ですね。
ちょっと覚えたくなります。

毎日のようにメールくださる方、
長文で熱い感想メールなど、寝る間も惜しんで読んでくれたりと、
頭が下がる気持ちでいっぱいです。
ほんとに熱いメールがくると、すげーっとおもいます。

そういえば「クールの女の子」では僕の経験が反映されてますか?
・・と質問がありました。

運動の描写は経験かと。サッカーやってましたから。
ほんの些細なディテール描写のみでしょうか・・?
手首や足首の返しなど・・

思春期の頃の思い出を饒舌に語るのは難しい。
ふわふわした不透明のイメージとしての記憶でしょう。
経験とはちょっと違います。

「テストの時間」で筆箱とリモコンを間違えたのは
ぼくの恥ずかしい経験です。

たまに作者(ぼく)が女性と間違えられます。
男性原理主義を果てしなく禁欲して描いてるからでしょう。

7ページでゴルゴも言ってるじゃないですか
「男女雇用機会均等法だ!バカヤロウ」って。。
スポットライトは後藤さんや服部さん中心に当てられてますけど。

とはいえ、「クールな女の子」に関しては
作品全体のテーマはセクシャリティなので
男女平等というわけにはいきませんが。

後藤さんや服部さんを始めとするのキャラクターたちは
設定がほとんどありません。
描いているうちにキャラクターが
変化し、成長し、自立していく感じで描いてます。
そのほうがより深くコクのある、人格が描写できると思うので。
キャラクターが破綻しない程度ですけど。

作品全体の虚構性は低いです。
それゆえ「リアル」だぁ~っといっていただきます。
・・ですが本当は「2学期の終わり」のように
自転車二人乗りでデスダイブするような虚構性が高い
描写が大好きなんです。

マンガというメディアを選んだんですから。。











どちらかといえば背景描写よりも
11人のキャラクター描写が時間を喰う。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yoshimilk.blog69.fc2.com/tb.php/371-ebe0218f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。