スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


四季賞に全てを

ここ最近、気持ちがソワソワしてる。
実家への引越しと、全てを懸けた四季賞
7月から連載の話も水の泡になったのが原因。
それでも、マンガを描く
ペースと品質だけは、維持はしている。
だってこれが僕の全てだもの。

四季賞。
僕は趣味や自己満足でマンガを描いてるなんて微塵もない。
休みなく血の滲むような1年間のマンガ制作の日々を、
僕の全労力を懸けたマンガを・・・

この「ウェビフの花」をどうか佳作以上の受賞作に・・・

一人の人間の全てをこの投稿作品に懸けたんだから、
受賞の確信はあるけど
もしも・・落選となったら、
今まで味わったことのない
かつてないほどの想像を絶する挫折が待ち受けるに違いないだろう。

コンテストだけに、他のマンガと比べる事になるわけだけど、
力だめしなんていう考えはない。
どの作品に負けないほどの
情念と熱量をこの1年間、マンガ制作と投稿用作品に込めてきた。
だから受賞は間違いないと思う

これは傲慢な自信はなくて、自分の全てを懸けた自負といっていい。

マンガ制作に全てを懸けさせてくれたのも、両親の支援と
僕のマンガ制作に一番の理解と協力をしてくれた親友ケイティ、
創作意欲を維持するために、マンガ談義に付き合ってくれた
マンガ描き仲間の家元がいてくれたからです。
本当に感謝してます。

今まで、恋愛、学業、就労において勝ちとは無縁で負け続けきた
劣等感の塊のような僕に、
神様、どうか全てを懸けたマンガに
受賞という名の結果をください。

もう僕自身、

確固たる自信のなさから抜け出したい。

負けた教信者からも、脱会したい。

すべては7月に発表される四季賞に、
僕の全てが委ねられることになる。

神様、御願いします。





スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。