スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


何がバイオレンスなの?教えて武さん。

よく「セックス&バイオレンス」っていう言葉を聞く。

映画やマンガ、アニメ、ゲームなどは、これが物語の支柱だったりする

お色気部門は置いといて、バイオレンスについて。
北野武の映画は一撃必殺。ハリウッドの様な派手な銃撃戦は見られない
武さんは間髪入れずに一撃で相手を殺す。
そこには、ほとんど対峙した相手とのコミュニケーションを計らない。

放課後の時間32で服部さんが
「暴力とは一種のプリミティブでムダな色がない
強固なコミュニケーション手段なり」
・・と後藤さんを擁護した言葉を口にします。

cool06-32.jpg

僕は暴力もコミュニケーションの一部だと勝手に思ってますが、

武さんの場合は攻撃以外のコミュニケーションは存在しない。
最小限の暴力が最大級の暴力性を帯びたりする。
相手に関心を持たないこと。コミュニケーションを拒絶すること。
そこに暴力の増強剤が潜んでたりすることもありうる。

ハリウッド的な無数の血だらけの死体とか、
腕が吹っ飛んだ!とか、銃口向けて脅したりとか
そういう残虐性のビジュアル以外にも
コミュニケーションの欠如によって
バイオレンスを表現できたりする。

いわゆる「シカト」という何もしない行為がイジメに属するのも、
コミュニケーションの断絶が引き起こす暴力だったりする。



・・・と思いつつ、悲しみで涙を流しながら
投稿用マンガのネーム15ページ目を描いていた。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yoshimilk.blog69.fc2.com/tb.php/313-a9024d5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。