スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昼休みの時間042

以前のページはこちら『よしみるくのウェブコミック
20061207040145.jpg


朝から胸焼け。
教訓。就寝前は脂っこいモノを口にしないこと・・

服部が宗田に伝えたこと。
ん~意味深だ。


猿の威嚇について。
猿の威嚇の一つに
下の歯を剥き出す行為があります

マンガにおける顔でも
下の歯を描くと
どことなく攻撃性が帯びます
角度によっては下の歯が見える場合でも
省くこともあります。
逆に見えない角度でも
下の歯を描く場合もあります.

この描写はデッサンやマンガ等から学んだのではなく、
どうぶつ奇想天外の猿の特集を踏襲して
マンガに応用してみました。

こういうの描写を
虚構のリアリティといいます。ぼくは・・

時として、この虚構のリアリティは
超写実描写やデッサンよりも
遥かに強度ある『リアル』さを獲得します

例えば
宮崎駿が生み出した素晴らしい
虚構のリアリティ描写と言えば
『落下しながらの平泳ぎ』でしょうね。
実際ムリですもん。あんな動き。

あの発想力は、もはやバケモノじみてます。ほんと・・


この『落下しながらの平泳ぎ』の映像が瞬時に頭に浮かんだ人は
その強烈なパワーを放つ、虚構のリアリティの存在に
実感が持てたでしょうか?







スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yoshimilk.blog69.fc2.com/tb.php/261-fff26df9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。