スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昼休みの時間027

以前のページはこちら『よしみるくのウェブコミック

20061118193036.jpg


ダヴィンチを超えた貞本義行
進化する眼。

詳しくは知りませんがルネサンスの時代
レオナルド・ダヴィンチが人体の黄金比を見出しました。

以後云百年、現在も普遍性を保ち続けてる。

貞本が描く人体はその人体の黄金比の基盤を
美しく、大胆に歪んませて描いている。
物凄く端的に言うと
胴が短く、頭はでかく、手足は筋肉が無いように細くて長い
これらの要素を構成する相対的なバランスが素晴らしい。
顔の造型はともかく、
人体をこれほどまで美しく、斬新に歪まして描く人は
さしあたり彼しか見当たらない。

僕のマンガもコマによって、歪まして描いてるつもり。
 
『美しく、歪ます。』

コレが非常に難しい・・・

それからコレは彼のマンガではなく、
彼の描く、線画における人体描写というミクロ的な部分だけの話ね。




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yoshimilk.blog69.fc2.com/tb.php/236-8dca5bc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。