スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『クールな女の子』~放課後の時間PART76~

以前のページ、漫画はコチラへ『よしみるくのウェブコミック

20061006234306.jpg

森田まさのりの最新作『べしゃり暮らし』の巻頭に作者の詫びが書かれてます

週刊ペースでは体力の問題で描いてゆけないと・・
そして休載を申し出たとのこと・・・
ですから本作は最新刊の3巻で終わりと言う形となった

なんかホッとした・・・
どうしたら週刊ペースでこの分量が描けるのかと感嘆していた
彼のマンガ描写は異常なまでの線の濃密度と優れた写実性が
際立っていた。
同時期にデビューした井上雄彦とは比べ物にならぬ程の
おぞましい描画力・・・
ちっさなコマに10人以上の活きた人物を描写する
辺りには神の手が宿っているに違いないと思わせる

週刊ではムリ!というのは自然なことです。
・・・はい・・

森田まさのりの人物はよく泣く!!
鼻水垂らしながら暑苦しい程に・・・
ここに原哲夫の系譜を辿っていること垣間見てとれる

後藤さんも泣いた・・・
でも鼻水を描く勇気はなく
鼻をすする程度にまで抑えてしまいました


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

後藤さん泣きましたね。
凄く自然に感涙の表情が描かれていて凄いなぁと思いました。
森田まさのり氏の漫画のキャラクターは、男も女も顔をぐしゃぐしゃにして喜怒哀楽する所に、何か今のジャンプ漫画じゃ読み取れないような温かさというか、良い意味での生臭さが受け取れますよね。
個人的にろくでなしブルースが好きだったですね。島袋や赤城やカツジヨネジのような漢に憧れてましたね。
なんか最近のジャンプ(もうかれこれ2年くらい読んでないような気がしますが)はこ森田氏のような血の通った絵は好まなくなってしまったのかなぁ。。。なんて思います。
よしみるくさんの絵も勿論血が通ってると僕は思いますよ!
あと、誰かオレンジボードに何か乗せてくれんものかとどきどきしております。

【2006/10/10 00:24】URL | hisakiことanpoli #-[ 編集]

ありがとうございます
hisakiことanpoli さんも是非、何かありましたら載せてやってください。

【2006/10/10 23:41】URL | #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yoshimilk.blog69.fc2.com/tb.php/184-5dd46aec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。